たるまない体『抗重力筋』を鍛えよう🧘

『抗重力筋』

あまり聞き慣れない言葉かも知れませんが、老化防止やアンチエイジングには欠かせない筋肉たち

先日のレッスン前の談笑でも皆さん様々な悩み

『身体がおじいちゃんみたいになってきた😞』

『おしりの下にもう一つお尻ができてる…』

『胸がシワシワになってたれてきた』

『姿勢よくしていると疲れてしまう…』

人間の『老化』がスタートするといわれる年齢は41.2歳頃

この年齢を境目に体にも表れる変化を『老化』というようになります。

いかに身体作りや自分の体を大切にしていくか

ここから先は『やっているか』『やっていないか』に大きな差がでてきてしまうお年頃😰

地球に住んでいる以上、毎日重力に逆らって過ごしていますよね

その重力に対して働く、姿勢を保つために必要な筋力が『抗重力筋』

・脊柱起立筋群(背中)

・広背筋(背中)

・腹直筋(お腹)

・大臀筋(お尻)

・大腿四頭筋(ふともも)

・下肢三頭筋(ふくらはぎ)

など背骨に対して後ろ側にあることが多い筋肉たちなんです。

背中側にある筋肉がゆるむとどうなるか…

身体全体が⇩たるんできます

支えられないので体が歪みます

顔までたるんできます😱

『若い頃と体重は変わっていないのに、何だか見た目が大きくなったような…』

といった言葉を耳にすることがありますが、それは抗重力筋が弱っている可能性大!

ただ立っているだけのようなポーズでも実はたくさんの筋肉を使っているんです。

呼吸とともに内臓を引き上げ、背中やお腹、下肢、お尻と全体を意識して顔も正しい位置に置いていきます

ヨガは特に『抗重力筋』を使う動きがかなり多くあるので『ヨガをする人は若々しい✨キレイ』と言われる理由かも知れませんね

今日も背筋を伸ばして素敵な1日を過ごしていきましょうね🥰

Saya

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。